摂食障害は家族への影響が大きい病気です。一方で、家族が効果的に本人の支えになることが、回復への近道となることも確かです。 しかし病気の症状に左右されてしまう本人に、どのように対応してあげたらよいのかわからない、というご家族はたくさんおられます。「きょうと摂食障害家族教室」は、毎年 1 期の開催をさせていただいておりますが、遠方にお住まいである等、決まった日にちにはなかなか参加が難しいというご意見もいただいておりました。

そこでこの度、家族教室の講義動画をオンデマンド配信することとなりました。摂食障害について、診断の仕方や症状、摂食障害の方の特徴や対応の仕方などを専門家がわかりやすく説明しておりますので、是非ご活用いただけますと幸いです。

ご購入にあたってはこちらの購入申込フォームに必要事項を記入の上、送信いただいた後、お支払いをお願いいたします。2営業日以内に、視聴のためのURLとIDとパスワードをメールにてご案内いたします。視聴可能期間はご購入の時期によって異なりますが、少なくとも6か月以上の期間を確保しておりますので、ご自身のペースでご視聴いただけます。視聴時間は第1回から第5回まで合わせて5時間14分となっています。

なお、講義の内容は摂食障害の一般的な対応の仕方を解説しているものです。すでに医療機関に受診されている場合、主治医の先生の指示と動画の説明内容が異なることもあるかもしれませんが、その場合は、主治医の先生の指示が優先されますよう、お願いいたします。

 

購入申込フォーム

 

【オンラインきょうと摂食障害家族教室プログラムの概要】

摂食障害の診断や症状、モーズレイモデルに基づいた患者の特徴や対応の仕方についての専門家の講義。

・第1回「摂食障害とは」(講師:野間 俊一 精神科医)
摂食障害の診断基準や、摂食障害の治療など基本的な知識について学びます。

・第2回「摂食障害とからだ」(講師:林田 圭祐 精神科医)
摂食障害によって生じるからだやこころの変化について学びます。

・第3回「変化への動機づけとさまざまな治療法」(講師:工藤 悠世 臨床心理師)
摂食障害のご本人の変化の過程を理解し、変化を促す「動機づけ」の方法を学びます。

・第4回「コミュニケーションスキルと対人関係」(講師:崔 炯仁 精神科医)
摂食障害のご本人とのコミュニケーションに有効な8つのスキルについて学びます。

・第5回「摂食障害の問題行動に取り組む」(講師:水原 祐起 精神科医)
拒食を中心とした摂食障害の問題行動に対する対応の仕方を、シナリオも交えて学びます。

・価格:10,000円

・参考書籍:モーズレイモデルによる家族のための摂食障害こころのケア原著2版 http://seedkyoto.net/links/

Youtubeにサンプル動画をアップしております。