拒食・過食を乗り越えて

「拒食・過食を乗り越えて・Part12」
~当事者だからわかること/回復者だから伝えられること~

【日時】令和元年9月8日(日)13時半開場、14時開演、16時半閉会
【場所】ウィングス京都
【参加費】前売1,500円 当日2,000円(SEED/プティパ関係者1,000円)
【参加定員】100名 ※先着順 空席の有無はそのつどSEEDきょうとHPに表記

講師は、摂食障害からの回復者で、国内外の自助グループや回復施設を取材されてきた経歴をお持ちの林利香先生です。EAT119という摂食障害の啓発団体の代表もされており、他の専門家と共同でさまざまな試みをされています。

今回の講演会は、12回目にして初めて、当事者であるプティパメンバーに積極的に運営に関わってもらっています。今から12年前、横浜の地域活動支援センター「ミモザ」から京都講演のお話をいただいた第1回目の講演会の際、ミモザメンバーが主体的に講演会を運営されているのを見て、いつかSEEDきょうとでも、利用者の方とともに創り上げる講演会の開催をめざしていました。今回、満を持してプティパメンバーにお声をかけてみたところ、7名のメンバーが手を挙げてくれました。

1,2週ごとにメンバーが集まり、当日のタイムテーブル、チラシのデザイン、参加申込者の名簿作成とはがき発送、会場の下見や必要物品確認などを分担して進めています。今回のチラシは、メンバーが作成してくれました。また、後半のディスカッションでは、2名のプティパメンバーに登壇いただく予定です。当事者に積極的に関わってもらう今回の講演会は、いつもと違った熱気があるように思っています。

林先生には、ただご自身の回復体験を語ってもらうだけではなく、ご自身の取材経験を通して見た、現在の摂食障害医療の現状と問題点にも、触れていただくようお願いしています。このような話が聴けるだけでも、貴重です。是非ご参加ください。

チラシはこちらです!


「拒食・過食を乗り越えて・Part11」
~鈴木明子さんをお迎えして~

鈴木明子さんにご講演頂きました。詳細は活動記録(facebook)を参照してください。

「拒食・過食を乗り越えて・Part10」~「回復って、何なの?」~

今年は武田綾先生にご講演頂きました。詳細は活動記録(facebook)を参照してください。

「拒食・過食を乗り越えて・Part9」~家族とともに歩むということ~

今年は鈴木(堀田)眞理先生にご講演頂きました。詳細は活動記録(facebook)を参照してください。

「拒食・過食を乗り越えて・Part8」~ふれあいの回復のために~

今年は香山雪彦先生にご講演頂きました。詳細は活動記録(facebook)を参照してください。

「拒食・過食を乗り越えて・Part7」~遠野なぎこさんをお迎えして~→終了しました

お陰様で講演会は大盛況で終えることができました。
ご来場いただいた皆様、そしてご講演下さった遠野さん、本当にありがとうございました。 講演会の模様などは順次facebookにアップしますので、 お楽しみに。

「拒食・過食を乗り越えて・Part6」~当事者にできること~→終了しました

今年は中村このゆ先生、村田いづ実さんにご講演頂きました。詳細は活動記録(facebook)を参照してください。

「拒食・過食を乗り越えて・Part5」~家族・医療・地域の連携~→終了しました

今年は高木洲一郎先生、浜中禎子先生、当事者のご家族にご講演頂きました。詳細は活動記録(facebook)を参照してください。

「拒食・過食を乗り越えて・Part4」→終了しました

切池信夫先生、和田良久先生、武田綾先生にご講演いただきました。詳細は活動記録(facebook)を参照してください。

「拒食・過食を乗り越えて・Part3」→終了しました

平成22年11月28日(土)に京都テルサで行われました。参加者100人ほどでした。午前中はミモザのスタッフによる講演や、 九州大学の心療内科から瀧井先生にお越しいただき講演をしていただきました。またミモザの利用者お二人が「私が変われた理由」というテーマで 摂食障害を乗り越えた体験談をお話頂きました。
午後は当事者とご家族・支援者に分かれていただき、各々講義と体験交流を交えたセッションを行いました。