プティパ(当事者通所施設)

SEEDきょうとは摂食障害の当事者の方が、社会復帰に向けて安心して利用できる施設を作ることを目標に活動してきました。 デイケアや作業所などの施設は他にもありますが、摂食障害を専門的に取り組む支援施設が必要と考え、 平成25年8月にようやくを京都駅近くに通所施設を開設することができました。
そして「プティパ(当事者の会)」を立ち上げ、現在「ワーク」「トーク」「フリー」という3つの活動を行っています。 これらの活動は当事者同士が交流できる居場所を確保すること、互いに支え合いながら摂食障害への理解を深めること、 社会復帰の足掛かりとなるようなスキル高めることを目標にしています。
平成30年4月より就労継続支援B型事業所となり、現在、新規利用者を募集しています。登録をご希望の方は、「プティパの利用の仕方」のページをご覧いただき、まずは見学の申し込みを行ってください。ご連絡をお待ちしております。

なお、平成28年度、平成29年度のプティパの活動は日本財団の助成により実施しました。