設立主旨

他の先進諸国と同様に、近年日本においても拒食症や過食症が増加しています。摂食障害は思春期から青年期にかけての若年女性が比較的高率に罹患し、かつ非常に高い死亡率であるにもかかわらず社会問題としての認識は依然として低く、その対策は不十分なままです。摂食障害の病因や病態は複雑で、治療開始から回復・社会復帰に至るまでに、生物・心理・社会といった多方面からのアプローチが必要です。現在の日本の医療において、摂食障害に対する十分な診療システムは構築されていませんが、今後も全てを医療のみで扱っていくことは有効ではありません。
自助グループや家族会は各地で組織されていますが、摂食障害の専門的な知識を持つスタッフがいない形での運営は、疾患の特性もありその方針や組織自体が不安定となりやすく、継続して機能していくことが困難です。社会復帰に向けて当事者が継続的に利用でき、摂食障害の専門家がリードする形で明確な方向性をもった施設を設立することは、医療者・当事者・家族それぞれから望まれています。他の精神障害者通所施設とは利用者の疾患特性の違いからその併用が難しく、摂食障害を専門的に扱う支援施設の設立が必要と考えられますが、関西にはそのような施設は存在しません。
今回、私たちは上記のようなニーズを受け、平成23年に京都で摂食障害者を支援するNPO「SEEDきょうと」を立ち上げました。平成25年には、WAM(独立行政法人福祉医療機構)の助成を受けて当事者の利用できる施設「SEEDテラス」を開設し、支援活動を拡大しています。平成27年10月15日にNPO法人となった「SEEDきょうと」は、就労継続支援B型事業所を目指して、摂食障害当事者および家族にとってふさわしい活動を展開していく方針です。

理事長 京都大学医学部附属病院精神科神経科 野間俊一

SEED きょうとでは現在4つの活動を行っています。

・きょうと摂食障害家族教室:当事者家族の勉強会と交流会
・らくの会:摂食障害の家族会
・拒食・過食を乗り越えて:一般市民向け講演会、シンポジウム
・プティパ:摂食障害の当事者通所支援施設

 


CANPANにてNPO法人SEEDきょうとの情報を公開しています。